MENU

【自暴自棄】人生で何がしたいのかわからない【結論:方向性を見つけましょう】

【自暴自棄】人生で何がしたいのかわからない【方向性を見つけましょう】

【自暴自棄】人生で何がしたいのかわからない【結論:方向性を見つけましょう】

人生で、何をすればいいかわかりません。何がしたいかわからない、生きるってなんだろう、どう生きたらいいのかすらわかりません。
なんかもう自暴自棄になってきました。
でも、楽しく生きたいです。
少しでもアドバイスいただけたら幸いです。

 

この記事は、こういった疑問に答えます。

 

 本記事の内容

  • 人生で何がしたいのかわからない→方向性を見つけましょう

 

私は、無職の期間に「何がしたいのかわからない」と何度もつらい思いをしてきた経験があります。

 

今回はそんな時に出会えてたらと思う1冊の本をもとに記事を書きました。

 

こういった背景の私が、本記事では、"人生で何がしたいのかわからない→方向性を見つけましょう "という話をしていきます。

人生で何がしたいのかわからない→方向性を見つけましょう

人生で何がしたいのかわからない→方向性を見つけましょう

話に入る前に参考書籍の紹介をしておきます。

 

冒頭に話した"そんな時に出会えたらと思う1冊の本"とは「下町ロケット」のモデルともいわれる植松 努さんの『不安な時代に踏み出すための「だったらこうしてみたら?」』という1冊です。

 

ちなみにAmazonの提供するAudibleというサービスで無料で聴けます。

 

» Audibleの無料体験はこちら

 

ということで、ここからが本題です。

 

"人生で何がしたいのかわからない→方向性を見つけましょう"

 

おそらくこれを見てる大半の方には「夢」がないかと思います。

そういう人にうってつけなのが「なんとなく行きたい方向性を見つける」ということです。

 

私を例に話すと、「なんとなく、あまり働きたくない」というのが根底にありました。

 

なので方向性としては、あんまり働かない道を模索した結果、現在は週休3日のゆるい生活に落ち着いている感じです。

 

こんなイメージで、これを見てる皆様も少し考えてみてほしいです。

自分のなんとなく行きたい方向性を。

 

  夢が方向であれば、そもそも「大きい・小さい」という概念はありません。僕は、夢って北極星のようなものだろうと思っています。北の空、ひしゃく星のそばに小さく輝く星です。 
 北極星は、「約430光年離れているそうですからワープ航法が実用化されない限り、人類は到達不可能です。 
 でも北極星があるおかげで、北がわかりました。だから人類は、南にも、西にも行けるようになりました。  

 夜空に小さく輝く、決して届かない北極星が、僕らに方向を示してくれています。

引用:不安な時代に踏み出すための「だったらこうしてみたら?」. (2021). 日本: PHPエディターズグループ.

 

宇宙開発に携わる植松 努さんだからこその素敵な表現だと思います。

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事は"人生で何がしたいのかわからないなら、方向性を見つけましょう"ということを書いてきました。

 

参考書籍である植松 努さんの『不安な時代に踏み出すための「だったらこうしてみたら?」』では他にも、

 

  • 好きなこともやりたいことも特にありません。
  • 何をしていいのかわかりません。
  • 先のことがわからず不安です。

 

といった内容の話があります。

 

少しでも気になった方は、Amazonの提供するAudibleにて無料なので、とりあえず聴いてみるのが良いのかと。

 

» Audibleの無料体験はこちら

 

今回の記事が多少なりとも参考になれば幸いです。