MENU

【辛い】仕事のやりがいがない楽しくない方へ

【辛い】仕事のやりがいがなくて楽しくない方へ

【辛い】仕事のやりがいがなくて楽しくない方へ
  • 仕事のやりがいは必要なの?

  • 仕事のやりがいが全くない

  • 仕事が辛い、、、

今回はそんな方に向けて、ちょっとだけ気持ちが楽になる「考え方」を紹介します

主に精神科医・産業医である井上先生の「1万人超を救ったメンタル産業医の 職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全」という本を引用した内容になっております

やまだ
 

仕事について悩んでる方はぜひ!

この記事を書いた人

やまだ

やまだ

本とアニメが好き
Twitterやってて初めてリプがきて感激
もう少しだけ続けてみようと思いました

仕事にやりがいは必要なのか?

結論:別になくてもいい

(あったら、あったで良いんだけどね笑)

っていうのも、ほとんどの人にとって仕事は

  • 「生活するため」
  • 「お金稼ぐ1つの手段」

でしかありません

やまだ
 

それに対して「やりがい!」とか言われても、、、

そもそも仕事に意義がある人の方が少数派

ここで井上先生の本を引用

社会人になったからといって、「夢や目標を常に持たないとダメ!」なんてルー ルはどこにもありません。
あなたはもう少年ではないので、大志なんて抱かなくてもいいのです。

出典:井上 智介(2019)『1万人超を救ったメンタル産業医の 職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全』大和出版(p.48)

まさにそのとおりだと思います

やっぱり仕事にやりがいは必要ない

井上先生もおっしゃっておりますが、「毎日ご飯を食べて、ぐっすり寝れる。それだけで十分スゴイ」

このくらいの気持ちでいたほうが、精神は健康的なのかと

「自分自身が今できることをボチボチとやっていく」

出典:井上 智介(2019)『1万人超を救ったメンタル産業医の 職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全』大和出版(p.49)

すごく素敵な表現だと思ったので、載せておきます

まとめ

今回は「仕事のやりがいは必要なの?」といったことを書いてきました

  • 「へぇ~こんな考え方があるんだぁ~」

  • 「ちょっと気持ちが楽になった」

と思っていただければ幸いです

また、この本以外でも「考え方」というテーマでいうと「嫌われる勇気」という作品がオススメです

嫌われる勇気」では「対人関係を改善していくための具体的な方法」が載っています

中でもお気に入りの話が「他者の期待など、満たす必要はない」ってとこ

  • 他者の期待に添うのは「他者の人生を生きること」になる
  • 他者も「あなたの期待を満たすために生きてない」

といった内容の話が書かれています(実際はもっと深い話なのですが笑)

ちなみに「嫌われる勇気」はAmazonが提供する「Audible」というサービスを利用して「聴く」ことができますので是非

本派の方はこちらから!

今回の記事は以上になります

ここまで読んでいただきありがとうございました!